広帯域RFパワーアンプ

動作クラスAとABの違い

動作クラスAクラスABのアンプの違いは、単にトランジスタにバイアスされるポイントです。

クラスAの場合、トランジスタは、RF入力の全サイクルにわたって増幅されるようバイアスされており、その直線部分の範囲内で動作している。

クラスABの場合、入力サイクルの一部ではトランジスタがオフされている。
これは、クラスABの場合には、いくつかの歪みが不可避であるのに対し、クラスAアンプの場合には、出力は入力信号の忠実な再現であることを意味します。

クラスAとABのダイアグラム可能であれば、常にそれが低コストかつ効率的になるので、クラスABアンプを選択するべきでしょう。
しかし、クラスABアンプを選択することができるかどうかは、特定のアプリケーションに依存します。

単に加熱や攪拌などのアプリケーションに電力を供給しようとしている場合、通常はクラスABで十分でしょう。
しかしながら、送信される信号の忠実度が重要であり、この信号からの情報が必要な場合は、クラスAアンプが必要になる可能性があります。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5737-8333 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

大田区「優工場」認定企業です

大田区「優工場」

アロニクスTwitter

PAGETOP
Copyright © アロニクス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.