広帯域RFパワーアンプ

RFパワーアンプの用語解説

広帯域RFパワーアンプに関わる技術用語について、以下で解説いたします。

1dB圧縮について

アンプの主要な伝達特性を考慮して…以下を仮定します。

  • 線形利得:20dB
  • 1dB圧縮ポイント Pg = 19 dB
  • 入力1.5Wで出力119W = 19dB = 10Log(119/1.5)

この時、1dB圧密点は119ワットとなります。

Primary Transfer Characteristic

デシベル(dB)について

デシベル(dB)は、力について説明する際の比率です。

  • Pi=Power Input
  • Po=Power Output
  • X dB = 10Log10(Po /Pi )

例;
トランジスタは、入力電力10ワットで50ワットの出力電力を持っています。
そのdBでの増幅率は、
10Log10(50 /10) = 10Log105 = 6.9897 ~ = 7.0 dB

100ワットの入力で最大25 Wの出力を持つ減衰器は、次のとおりです。
10Log10(25 /100) = 10Log100.25 = -6.021 ~ = -6.0 dB

dBmについて

dBmは、信号の大きさを示す絶対的な尺度です。

  • mはミリワットの略です
  • dBmをワットに変換するには、10で割り、10を底とする逆対数を取ります
  • 0dBm=1mW となります
    • 0/10 = 0
    • 100 = 1
  • 10 dBm = 10 mW
  • 20 dBm =100 mW
  • 30 dBm = 1,000 mW = 1 W
  • dBmを使用することは、単純にゲインを足し、dBでの減衰を引くことができ、dBmでの最終出力数で示すことができるので、回路を介した出力をみる時に便利です。
  • dBWも使用することができます。
    • 0dBW = 1 ワット となります。

基本的なRFベンチについて

すべてのシステムのインピーダンスは50Ωです。
50Ωの負荷は無限に長い50Ωの特性インピーダンスを持つケーブルと同じです。
RFベンチ

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5737-8333 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

大田区「優工場」認定企業です

大田区「優工場」

アロニクスTwitter

PAGETOP
Copyright © アロニクス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.