広帯域RFパワーアンプ

広帯域RFパワーアンプ:1140LA

RFパワーアンプ 1140LA

  • 高精度通過型パワーメータ内蔵
  • 強制空冷
  • オールソリッドステート

RoHS指令準拠 CEマーク準拠

1000W出力、周波数10KHz~2MHz

広帯域RFパワーアンプ:1140LAは、E&I社のポリシーでもある高品質、耐久性、堅牢性を備えた製品として作られており、超音波、レーザー変調、誘導加熱、プラズマ装置、一般研究用などに適しています。
RF出力は丈夫なDMoS FETを採用し、更に余裕を持った設計により負担軽減を行い優れたMTBFを得ています。
また、進行波・反射波を同時に測定するパワーメータ、及びデータ取得の為のRS232ポートが備わっています。

使いやすさ

1140LAは、10KHz~2MHzの全レンジにおいて1000WのクラスAB準リニア出力、公称パワーゲイン55dB(±1dB)を保証します。
全帯域をカバーする為のバンド切換はもとより調整等は一切必要ありません。
前面パネルディスプレイでは、進行波、反射波とユニットのステータスを読み取る事が出来ます。
後面パネルのRS232コネクタは、データ取得及びフォルト発生時のリセットに使われます。

堅牢設計

1140LAは、19インチラック仕様で高さは8U。
115または220V、50~60Hzの範囲で使用可能なスイッチング電源を内蔵し、広いACライン条件に対しても安定した動作が得られるよう余裕をもった定格になっており、強制空冷は長期間信頼性が得られるよう内部温度を低く抑えます。

仕様

動作クラス クラスAB
周波数レンジ 10KHz-2MHz
定格出力 1000W
飽和出力 1500W
ゲイン 55dB
ゲイン偏差 ±1dB to 1MHz
±2dB to 5MHz
定格出力を得る為の入力値 1.3mWまたは1dBm
入力インピーダンス / VSWR 50Ω / 1.5:1 max
出力インピーダンス / VSWR 50Ω / 2:1 max
耐久性 出力端の短絡、開放を含むいかなるVSWR、位相にも耐える
パワーメータ精度 ±3%(2MHzまで)
入力信号源の仕様 信号発生器、ファンクション・ジェネレータ、または0.71Vpp/50Ωまでのオシレータ
保護
入力
+16dBmまでの過入力に耐える。
過熱
45℃までの環境温度で使用可能。
ユニットの内部が過熱するとユニットはシャットダウンし、前面パネルにエラーメッセージを表示します。
電源スイッチ一度切るか、RS232からリセットをかける事により回復します。
付属品 操作マニュアル、ACコード
動作時環境温度 0-45℃
交流所要電力 100-240VAC
208VAC 13Amps Max
120VAC 25Amps Max
冷却 強制空冷
質量 49kg
サイズ 333.2mm(H)X424.4mm(W)X510.1mm(D)

製品のご案内

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5737-8333 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

製品のご案内

大田区「優工場」認定企業です

大田区「優工場」

アロニクスTwitter

PAGETOP
Copyright © アロニクス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.