広帯域RFパワーアンプ

広帯域RFパワーアンプ:525LA

RFパワーアンプ:525LA

  • 全帯域でクラスA増幅
  • 強制空冷
  • オールソリッドステート

RoHS指令準拠 CEマーク準拠

クラスA 25W出力、周波数1MHz~500MHz

広帯域RFパワーアンプ:525LAは、E&I社のポリシーでもある高品質、耐久性、堅牢性を備えた製品として作られており、RFI/EMI、パワーメーターの校正、レーザー変調、一般研究用などに適しています。
RF出力は丈夫なMoSFetを採用し、進行波・反射波を同時に測定するパワーメータを備えています。

使いやすさ

525LAは、50dBのゲインでの1MHz~500MHzの全レンジにおいて25WのクラスAリニア出力を保証し、高調波歪やIMDは大変低く抑えられています。
全帯域をカバーする為のバンド切換はもとより調整等は一切必要なく、±2.5dBのゲイン偏差と+56dBmの三次インターセプトポイントとなっています。
また、一般に使われているほとんどの信号発生器、周波数シンセサイザ、スイープジェネレータなどを信号源として使用することができ、AM、FM、SSB、パルス、複雑な変調波に対しても優れた波形再現性を示します。

堅牢設計

525LAは、13dbm(1Vrms)までの過入力やいかなる負荷VSWRにも耐えられるよう設計されています。
内部のスイッチング電源は、広いACライン条件に対しても安定した動作が得られるよう余裕をもった定格になっており、強制空冷は長期間信頼性が得られるよう内部温度を低く抑えます。

仕様

動作クラス クラスA
周波数レンジ 1MHz-500MHz
定格出力 25W(1dBコンプレッション)
飽和出力 35W
ゲイン 50dB (nominal)
ゲイン偏差 ±2.5dB
定格出力を得る為の入力値 -6dBm / 0.25 mW
入力インピーダンス / VSWR 50Ω / 1.8:1 max
出力インピーダンス / VSWR 50Ω / 1.5:1 max
高調波レベル < -25dBc @ 25W Pout
耐久性 ∞:1 VSWR
安定度 いかなる受動負荷に対しても無条件安定
保護
入力
最大+13dBm(1.0Vrms)までの過入力とVSWR無限大の負荷に耐える
フロントパネル 入出力ポート
On/Offスイッチ
3次インターセプトポイント IP3:+56dBm
AC入力電圧範囲 100-240VAC 47-63 Hz

定格出力に対する電流
5A@120V
動作時環境温度 0-40℃
冷却 強制空冷
質量 9kg
サイズ 132mm(H)X215mm(W)X460mm(D)
コネクタ N

性能特性

525LA 性能特性 525LA 性能特性

カタログダウンロード

製品のご案内

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5737-8333 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

製品のご案内

大田区「優工場」認定企業です

大田区「優工場」

アロニクスTwitter

PAGETOP
Copyright © アロニクス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.